2006年07月14日

生煎包(焼き小籠包)

上海の朝食、昼食の定番、生煎包(ションジェンポウ)。日本語で言えば「焼き小籠包」で、小籠包と肉まんを掛け合わせたような点心です。
ふっくらとした薄皮の中に、ジューシーな豚肉のあんが入っており、ひと口食べると小籠包と同じく、ジュワッとスープがこぼれ、それが染み込んだ皮もまた美味。
フライパンで調理するため、底の部分はカリッと、上の皮はふわっとした、2つの食感が楽しめます。

【内容】30g×10個
【生産国】日本

生煎包(焼き小籠包)
生煎包(焼き小籠包)


posted by みっち at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小龍包
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。