2006年09月28日

香港食文化 錦食伝説 大根もち

香ばしい焼き目とトロふわの大根が食欲をそそる!
蘿蔔米羔(大根もち)

香港の飲茶メニューの中には必ずあるというほどの定番メニューですが、実は中国の旧暦正月に食べる「おせち」のようなもの。
米粉と千切り大根を混ぜて蒸籠でふかし、冷やしたあと、薄く切って油で焼いて食べるのは一般的。
家庭料理ですので、日本のお雑煮のように、その味付けや入れる具材は千差万別。
大根のふわふわトロトロな食感と甘みが、淡白な米粉の中で活きています。
そこに加える椎茸や干しエビ、豚肉の腸詰などといった具材の旨みが、味を引き締め、各家庭の味を作り上げているのです。当店の大根もちは、レストランならではの豪華な具材と、飽きが来ない上品な味付けに仕上げています。
香ばしく焼きあがったカリカリの表面が食欲を駆り立て、箸が止まりません!

当店特製のXO醤をお好みで一緒にいただくと、より一層食が増します!
消化を促進し、胸やけや胃酸過多、胃もたれにも効果がある大根ですので、食べ過ぎても胃もたれせず、体にも優しい一品です。

内容量 500g

■香港食文化 錦食伝説■大根もち
■香港食文化 錦食伝説■大根もち


posted by みっち at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他点心(蒸す)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。