2006年09月28日

香港食文化 錦食伝説 蓮の葉ちまき

蓮の葉エキスと豪華な具材の旨味が染み込んだおこわが絶品!!
家郷糯米鶏(蓮の葉ちまき)

五月五日の端午の節句に、日本ではチマキを食べる習慣がありますが、
元々それは中国から伝わってきたことなのです。蒸しあがったチマキの蓮の葉を開いてみると、ほわっと立ち上ると清々しい蓮の香りの湯気と、
中から現れる艶やかに炊き上がったモチモチのおこわ!

葉のエキスや、叉焼、貝柱、椎茸などの具材の旨みが、おこわに染み込んだ絶品な味わい!
どれをとっても感動的で病みつきに!
一個で香りと味が楽しめて、もち米でお腹もいっぱいになる大満足な一品☆
レストランならではの豪華なチマキを是非ご家庭でも楽しんでください!

内容量 160g x2個

■香港食文化 錦食伝説■蓮の葉ちまき (2個セット)
■香港食文化 錦食伝説■蓮の葉ちまき (2個セット)


posted by みっち at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中華ちまき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。