2007年11月26日

鳥栖駅 焼麦(しゃおまい)

【JR九州特急列車 車内販売】鳥栖駅 焼麦(しゃおまい)

鳥栖駅 焼麦 (しゃおまい)
中国では、焼(shao)は火が燃えることを意味し、麦(mai)は文字どおり麦で、小麦粉の意に通じます。つまり焼麦(shaomai)とは麦の粉で包んで加熱したものという意味です。 日本でもすっかり定着したシウマイは、中国でもほぼ全国的に食される人気のメニューのひとつです。特に広東地方では、飲茶にかかせない点心の代表格として親しまれ、ひと□で食べられる小ぷ りで薄い皮のものが良いとされています。中央軒の焼麦は、長崎在住の中国人に教えを乞い、この東風のあっさりとした味を基本に中央軒独自のものに仕上げました。中央軒は、明治25年鳥栖駅開設とともに駅売り弁当で創業。それ以後、鉄道の発展とともに歩み今日に至っています。

内容量:1P 9粒


【JR九州特急列車 車内販売】鳥栖駅 焼麦(しゃおまい)


posted by みっち at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | シュウマイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。